タイトル ブログ
採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ

皆様、こんにちは。僕はマムクリニック院長の上田真太郎です。
平成26年4月に約30年間院長を務めてきた親父の上田基より、院長職を引き継ぐことになり戻ってまいりました、
以前は、大学病院に2年、市中病院で4年、その後神戸市中央区の叔父、叔母の病院である母と子の上田病院で7年間働いておりました。
このマムクリニックは、親父とお袋の2人が「患者さんの子育てを妊娠中から分娩、産後、そしてその子が大きく育つところまでずっと見守ってゆく」 というコンセプトを掲げ、スタッフと一丸になって続けてきたクリニックです。
僕はこのクリニックの雰囲気が大好きですし、ここまで患者さん達と関わり合いを持てる病院は本当に珍しいし貴重だと思っています。
だから、親父がリタイヤを口にした時に出来る限り、自分がこの病院を存続させたいと思い、今頑張っています。
僕は他人と話すのが好きなので、患者さん達との会話も楽しみにしています。でも、少し声が大きいのが難点で、初めての方は少し驚かれるかもしれませんが許して下さい。
妊娠期間はわずか10ヶ月しかありません。
妊娠中は、つわりがあったり動悸や息切れ、体がだるかったり様々な症状が出て来ますが、赤ちゃんと一体になって生活できる唯一の時間です。
しっかり赤ちゃんと会話しながら楽しいマタニティーライフを送ってもらいたいと思っています。 僕はそのお手伝いをさせて頂きます。
小さなことでも結構です。わからないこと、困っていることがあれば質問して下さいね。
私生活では、長男、長女、次女の3人の子供のパパです。
絶対、子供には「勉強しなさい」とか「宿題やったか」ということを言わずに子育てをしようと思っていたのに、大きな怒鳴り声を上げながら長男に勉強を教える自分の姿を省みて寂しくなる時がある今日この頃です。
長女、次女は現在アイススケートに夢中なので、将来的に真央ちゃんみたいなすごい選手になってくれたら「仕事を休んででも応援にかけつけるのにな」とか「父親としてインタビューされたら何て答えようかな」と考えている、少し痛いパパでもあります。
こんな僕ですが、どうぞよろしく!

この仕事を始めて40年になります。
昨年の春から第一線を退き息子達のお手伝いをしています。
若者達と働く日々は大変幸せですし、赤ちゃんや若い家族と関わる事は本当に楽しい事です。
これからも幸せで平和な夢のある出産をお手伝いをして行きたいと思っています。

皆様、こんにちは。師長の立本です。
早いもので、マムクリニックで働き始めて20年以上の歳月が過ぎました。
その間に私自身も4人の子供を育て上げ、育児と仕事の両立等色々経験しました。
最近では仕事と孫のお世話で忙しくしています。
また私同様にマムのほとんどのスタッフが子育ての経験者です。
そしてこの様な経験が私達の仕事に非常に役立っている気がします。
マムに来院される多くの方がこれからの出産と育児に期待と夢をふくらませておられると思います。
私達の願いは妊娠出産育児とトータルにママ達に寄り添うことです。
妊娠中は沢山の教室があります。
お産はソフロロジースタイルで出産に至まで励ましつつ見守りたいと願っています。
そして入院中に育児への自信が持てるように援助します。特に母乳育児を支援します。
退院後も母乳外来を開設していますのでいつでも来院ください。おっぱいマッサージや授乳指導を通して育児への自信を持っていただきたい。それが私たちの願いです。
皆様とマムでお会いできる日を楽しみにしています。
いつでも気軽に声を掛けて下さいね。